倒産(閉鎖)した教習所・自動車学校    北海道  愛育安全相互自動車学校  北見自動車学校  登別自動車学校  桧山自動車学校         青森県  青森県自動車学校  鯵ケ沢自動車学校  五所川原中央自動車学校  八戸中央自動車学校  むつ自動車学校  六戸自動車学校  弘前自動車学校     岩手県  東北自動車学校  マルカン自動車学校  釜石自動車学校       宮城県  金成自動車学校     山形県  荘内自動車学校  山形第一自動車学校  酒田自動車学園     茨城県  茨城県北自動車学校  常総市営自動車学校     群馬県  伊勢崎中央自動車教習所  渋川北教習所  城東自動車教習所  豊岡自動車教習所     埼玉県  飛鳥ドライビングカレッジ戸田  熊谷自動車教習所  栗橋自動車教習所  川口自動車学校     千葉県  松戸日立自動車学校  山武自動車教習所     東京都  アイモータースクール  赤羽自動車学校  カクタス自動車教習所  国際自動車教習所  品川自動車練習所  新八王子自動車教習所  西武自動車学校  正和自動車教習所  大和自動車教習所  練馬自動車教習所  八王子ライダースクール   日野市自動車教習所  三田自動車練習所  武蔵野自動車学校     神奈川県  荒井自動車学校戸田校  京急自動車学校追浜校    南ドライビングスクール  保土ヶ谷ドライビングスクール     新潟県  長岡自動車学校     富山県  魚津自動車学校     石川県  中央自動車学校     福井県  中部自動車学校     山梨県  平和自動車教習所     長野県  ツカマ自動車教習所  アルピコ自動車学校諏訪校  長野県自動車学校篠ノ井校     岐阜県  鬼岩自動車学校  岐阜自動車学校  恵那自動車学校     静岡県  遠鉄浜北自動車学校  レインボーライディングスクール浜松     愛知県  城西自動車学校  ダイイチ自動車学校 中日自動車学校     三重県  宮川総合自動車学校  鈴鹿サーキットモーターサイクルスクール     滋賀県  湖北自動車教習所  甲西自動車教習所     京都府  亀岡市立自動車学校  宝池城南自動車教習所     大阪府  大阪自動車学校  大阪セントラル自動車教習所  志紀自動車教習所  松筒自動車学校  津守自動車教習     レインボーライディングスクール  ドライビングスクールみさき     兵庫県  カワサキライディングスクール  近陽自動車学校  全但自動車教習所  姫路自動車学校     奈良県  アイ自動車教習所  西の京自動車学校  西大和自動車教習所     島根県  吉見自動車教習所     岡山県  山陽自動車教習所     広島県  音戸自動車学校  庚午自動車学校  トスコ三原自動車学校  三和自動車学校     山口県  山口県自動車学校     徳島県  徳島バス自動車学校     香川県  四国自動車学校  香川県自動車学校     愛媛県  別子自動車教習所     福岡県  嘉穂自動車学校     長崎県  南長崎ドライビングスクール  風頭自動車学校     熊本県  植木自動車学校  熊本自動車学園  山鹿自動車教習学校  錦自動車教習所(指定外)     大分県  大分亀の井自動車学校  別府亀の自動車学校     宮崎県  小林共立自動車学校     鹿児島県  万世自動車学校     沖縄県  ダイワドライビングスクール

リオ・オリンピックのレスリング男子頑張れ! - ペーパードライバー克服~運転の家庭教師

「運転の家庭教師」代表の木下が何やかやと独り言を申しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオ・オリンピックのレスリング男子頑張れ!

リオ・オリンピックも後半戦に入りましたね。
いよいよレスリング競技がスタートして、今夜から眠れない辛さとの戦いが始まります。
私はこのリオ・オリンピックで「レスリング」を一番楽しみにしていました。私と同年代の方はご存知だと思いますが、川崎のぼる先生作の「アニマル1」という漫画がありました。自宅にテレビがなかったので、同級生の自宅の庭に皆で集まって、窓越しに見せてもらっていました。

アニマル1

ストーリは簡単明瞭で、貧乏な家庭(7人兄妹・母親が亡くなっているので、7人目の妹「なな子」が食事などを作る・長男が主人公)だが、元気がとりえの東一郎がレスリングと出会い、メキシコオリンピックを目指すというものです。貧乏と親がいないことが自分の環境と重なり、毎週(雨の日も)他人の庭に行ってました。
自衛隊時代に何度かレスリングの練習に参加しましたが、この頃には古武道(拳心会道場)に魅せられていて、その後レスリングの練習に参加することはありませんでした。
リオ・オリンピックのレスリング男子は樋口選手・高谷選手・太田選手・井上選手の4名しかエントリーしていません。日本女子は世界トップレベルなのは周知の事実ですが、男子選手の活躍を期待しています。

男子体操「個人総合」の表彰後にあった会見で、心無い記者の質問には腹が立ちました。内村航平選手に0.099点差で銀メダリストとなったウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手のコメントは素晴らしかったものの、「記者の品位」を疑わせるできごとでした。
今回に限ったことではありませんが、質問する記者の「品位」というものは問題にできないのでしょうか?芸能人を相手にする「おもしろければOK」のレベルでは、世界に放映されることを考えれば「国の恥」です。もし、他国の金メダリストに日本人の記者が、あのような質問をしたら絶対に許さないですよね。
オリンピックはスポーツマンシップ(フェアプレーの精神・全力を尽くし結果は第二義)を最優先させるべきで、そこにはド素人の記者がゴチャゴチャ言う隙間はないと思います。
勝者があれば、必ず敗者がいます。闘った者にしか分からない「相互尊重」は、本当のスポーツマンシップだと感心します。

内村選手は「どんな選手も公平にジャッジされている。僕とは違い、全て(の種目)を高難度でやりきる。もう個人総合ではオレグにかなわない」とオレグ選手を讃えると、オレグ選手が最後に「コウヘイをハラハラさせるなんて全然予想していなかったから、僕はとても幸せなんだ。このスポーツには、弱い選手なんか誰もいない。(内村航平という)伝説の男と、僕らが戦ったという事実があるだけさ。これは、世界最高にクールなことだと思う。僕らは一緒に、この素晴らしいショーをやり遂げたんだ」とコメントしました。
オレグ選手が本物であったことも、内村選手の強運だと感心させられました。




スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。